歯科を利用する

治療中の患者の口元

歯科とは主に人間の歯に関する治療などを目的として行う診療科のことを指します。一般歯科や小児歯科、口腔外科なども総称して歯科ということもあります。この行為は外科にあたります。一般では診療形態は診療所が大半でだいたい歯周病などの口腔内の疾病を受け持っています。処置はインプラント埋入術やエプーリス除去など歯牙に限局した疾病がであることが多くみられます。その診療科は大きく分けて小児歯科、歯科口腔外科などがあります。医師と歯科医師とでは免許が違うとのことですが例外として医業としての判別が困難であったりするなどの治療状況にあった場合にはやむを得ず行うこともあります。このようなことは大学病院や総合病院などで口腔外科で行われることが多い傾向があります。

診療所などからは受け持ちで関わっている所もあり、定期的に各施設、例えば介護老人施設などから利用者が定期的に受け持ちの診療所へ付き添いの介護ヘルパーやケアマネジャーなどと趣き受けられています。この診療所で歯科に携わっているのはなにも医師だけではなくて、その他にも歯科予防処置や診断や治療サポート、患者の指導をしてくれる役職や歯冠修復物などの各種技工物を作成する役職の他に様々な雑務をこなす役職まであります。このようなサポーター陣が揃っていて初めて診療所が成り立つのです。雑務をこなす助手的な役割を持つ役職は特別な資格は必要ないとのことですが、衛生士のように患者の口腔内に触れることは出来ませんので活躍の場は狭くなります。