矯正装置の利用

歯科治療器具と医師の手元

矯正歯科治療は矯正装置の選び方が非常に重要となります。矯正装置を厳選するメリットは大きく分けて2つあります。1つは費用面、もう1つは生活面です。 費用面に関しては矯正装置によって治療費が上下するため、矯正装置を選ぶことで治療費を抑えることができためです。生活面に関しては、特に審美性についてのメリットが大きいと思われます。というのも、矯正装置とは長期間共に生活することになるので、なるべく審美性に優れたものを選ぶべきだという考えがあるからです。 お子さんならまだしも、職を持つ成人患者の方には生活スタイルに合わせた装置を選ぶべきだと思います。もちろん、治療費や審美性だけで矯正装置を選ぶことはおすすめしませんが、矯正装置を選ぶ際には参考にしてほしいと思います。

現代の矯正歯科治療では、審美性に優れた装置が数多く誕生しています。従来の矯正装置の大きな弱点は外見上の問題にあり、特に成人してから治療を検討される方にはネックとなるようです。矯正歯科治療は口腔内の治療になりますから、周囲から見られやすい場所に取り付けることに対して消極的になってしまうのは仕方のないことだと思われます。 矯正歯科治療に際し、審美性に優れた矯正装置を選びたいということであれば歯の裏側に装着する「リンガルブラケット」がおすすめです。矯正効果は従来の「メタルブラケット」と大差なく、審美性を高めることに成功した矯正装置となります。また、「インビザライン」や「アソアライナー」と呼ばれるマウスピース型矯正は、本体が薄く透明なことから最も審美性に優れた治療器具として注目されています。