歯のキレイな女性

一部対応できる

手袋とマスクをした女医

歯科領域で行われるインプラント治療は、下顎や上顎と呼ばれる歯の土台となる骨に金属を埋め込むものを言います。歯の欠損や歯列矯正でも用いられます。このインプラント治療は、基本的に保険外の適応となるものであり、自由診療つまり施設によって定めた金額となります。そのため非常に大きな金額負担となります。 しかし、ここ最近の事ですが、国が定めた条件を満たせばインプラント治療が保険適応と認められるケースもあります。これには、病気や事故などで広範囲にわたり顎の骨を失ったものが第一の条件となります。また、骨移植によって顎の骨が再生された状態も含まれます。更には、先天性による形成不全や欠損も一部の条件に限り認められます。 保険適応となる条件はやや厳しいものになりますが、不良の事故や病気によって悩まされる方にとっては、非常に価値の高い治療となります。

インプラント治療及び骨移植が保険適応として行える医療機関は、単なる歯科医院では行えません。保険適応と同様に、様々な条件が揃った医療機関でなければならないのです。この条件とは、入院ベッド数20床以上の病院、5年以上の歯科医経験を持つ者が2名以上常勤として配置されれている事、インプラント治療経験が3年以上ある事、当直体制が整っている事などです。骨移植や異物挿入を行う事によって感染症の危険リスクもあるがゆえにこの様な厳しい条件が決められているものです。 保険を利用し治療を受けたい患者側の心境としては、近くの歯科医院で行いたいものですが、やはり国が補償する骨移植の管理には十分な注意が必要となるのです。しかし、実際には保険を適応しなくても開業医によって行えます。また、保険適応となるのかどうかの相談や、近くで保険適応として行える医療施設の紹介も開業医では応じてくれるものです。もちろんセカンドピニオンとしても大事なことです。 初診として保険適応対象の医療機関へ出向くのではなく、近くの歯科医院へ出向く工夫によって、意外にも保険適応としての道が切り開かれるかもしれないのです。

矯正装置の利用

歯科治療器具と医師の手元

矯正装置はなるべく厳選するといいでしょう。その理由に矯正装置は常に進化しており、最新式では衛生面にも優れており、また審美性にも優れており矯正中の変化をなるべく少なくすることが期待出来ます。

Read More

歯科を利用する

治療中の患者の口元

歯科とは口腔内を中心とした医療科のことで、口腔全般を扱います。一番有名なものに歯があり、虫歯治療などで利用されます。近年では審美性を意識した歯科なども存在しています。

Read More

歯科の活用

歯が痛い男性

虫歯治療のイメージが強い歯科は虫歯治療以外でも様々な口腔環境の治療を行なっています。例えば審美歯科などがあり、審美性を意識した治療の他に予防歯科などもあります。

Read More

メンテナンスをする

歯科治療室の椅子

インプラント治療は数多くの人に注目されています。そのため、インプラント治療を受ける人が沢山いるのです。しかし、インプラントは一度埋め込むとメンテナンスを定期的に行なうことが必要です。

Read More